Nunc Omnia Rident

日々の日常で感じたことや、自分が描いたラクガキをできれば定期的に掲載していこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着彩8

20071031231805.jpg

20071031231734.jpg


8日目。
先週の日曜日に友達と集まったとき、このブログを見てくれている友人から
「色を塗ると勢いがなくなるね。」と言われ軽く凹みました。
でもまあ事実だからなあ・・・。
しかし、そういふうに言ってくれる友達がいて自分は幸せだなと柄にも無く思う今日この頃です。
スポンサーサイト

お詫び

Mix1.jpg

Mix3.jpg

Mix2.jpg


三日間書き込みを疎かにしておりました。
誠に申し訳ありません。
着彩の方はまだできておりませんので、
すみませんがこの三日間に描き溜めた落書きの中からいくつかピックアップして載せることにします。

着彩7

Knigt2.jpg

20071027230050.jpg


7日目。
色で遊んでみる。

着彩6

youngman.jpg

rakugaki53.jpg


六日目。
一枚あたり大体1時間強。
気持ちが逸り焦ってしまい作業が雑になりがち。
"雑"ではなく"ラフ"として完成させたい。
「短時間で"魅せる"絵」を目指して只管描く。

着彩5

rakugaki52.jpg

oyaji.jpg


5日目。
会社でコソコソとラクガキ。
時間がかけられない分、自分の能力が色濃く反映される。
やはり全体的に色のメリハリの意識が薄い。
まだまだ自分の未熟さに打ちのめされる日々が続きそう・・・。
負けるな自分!

着彩4

Saber.jpg


4日目。
なんとか完成。
いろいろ不満は残るが、一応現時点で持てる力は出しました。

幕間

Saber_sen.jpg

BlackWhite.jpg

Girls.jpg


ただいま鋭意着彩中につき無着彩ラクガキをアップします。
暫しお待ちあれ。
しばらく掛かりそう・・・。
(因みに一番上のイラストがそれ)

着彩3

Emiya.jpg

20071021234008.jpg

20071021234226.jpg


三日目。
一枚しか仕上げられなかった・・・。
しかもなんか荒いし。
申し訳ないので、過去に描いたヤツを2つアップします。
下の2つがそれです。
アーチャー祭り。
どんだけ~。

着彩2

rakugaki50.jpg

rakugaki51.jpg

二日目。
色々試行してみる。
筆ペンが恋しい(笑)

という訳で

rakugaki48.jpg

rakugaki49.jpg

着彩強化月間開始。

着彩

Rakugaki46.jpg

rakugaki47.jpg

普段は筆ペンで勢いに任して描くのだが、こう線画にして着彩しようとすると肩に力が入ってしまう。
色を乗せるのは苦手で、いつもこの段階で時間が消費される。
モノトーンだと陰影の関係が解りやすいのだが、色に変換すると明度と彩度の関係があやふやになって混乱してしまう。

・彩度が似通ってしまい絵にメリハリがなくなることが多い。
・気をつけると逆にハッキリしすぎてしまいケバケバしい絵になる。
(他多数)

という所が現在私が抱えている主な悩みの種。
まだまだ力不足。

Happy Birthday To Me!

物凄く私事ですが、
今日10月18日は私の誕生日。
今回で早2×回目。
本当にあっちゅう間でした。
1日を乗り切るのに精一杯で過去の事は余り振り返らないのですが、
今まで良く無事に持ちこたえて来たなと今日だけは自分自身を褒めてあげたいと思います。

「絵を描きたい」という漠然とした思いからスタートしたわけですが、
まだまだ目指す道は遥か遠く険しそうです。
だけど、一歩一歩自分のペースで歩いていけば確実にそこに至ることができると信じています。
例えそれが気休めに過ぎないとしても。

20代もまだまだ前半戦。
直面しなければならない問題もそれこそ山のようにあるでしょう。
しかし、越えなければその先に進む事もできません。
だったらやるしかない。
息つく暇もないかもしれませんが、その先に輝かしい未来が待っているならそれもまた良し。
したくないのは後悔。
自分が正しいと信じたのならそれはいつかきっと実を結ぶのだと信じたい。

今の私が言うとハッキリいって理想論だし奇麗事で簡単に片付けられてしまう。
だから私は何時の日か目的の場所に辿り着くまでこの事を忘れないでやって行いきます。
その時こそ誰にも奇麗事だと言わせないと自信をもって言えるでしょう。
その日まで唯只管日々精進。

Fate-stay night-

Lancer.jpg

Rin.jpg


まだ「Heaven's Feel編」の途中。
いつになったら終わるのやら。

寝不足

Elf.jpg

SwordMan.jpg

Thief.jpg


なぜか目が覚めた。
また寝るけど。

※リンクを追加しました。
一応学生時代の友人なんで、
気が向いたら覗いてやってください。

自分とジブン

20071015023100.jpg

20071015023244.jpg

20071015023441.jpg


Fate-Stay Night-から士郎とアーチャーです。
なぜこの二人を描いたのかというと、純粋にエミヤさん好きであるのと二人の関係に感慨深いものがあったからです。

夢を追い続けその果てに至った者と
今なお夢を追い続ける者。

前者は己の夢に絶望し、
後者は己の夢に希望を持つ。
その先は同じなれど両者が抱く思いは正反対。
絶望した者は過去に過ちがあったとかつての「自分」を責め、
希望を持つ者はそれは間違っていなかったのだと夢の体現者である「ジブン」に訴えかける。
心身ともに磨耗し、かつての想いを忘れた騎士にかつての少年は言う。
「自分が正しいと信じた事ならそれはきっと間違いなんかじゃない。」

では果たして私自信はどうなのか。
過去の「自分」を責め、今の「じぶん」の現状を正当化しようとしていないだろうか。
確かに過去の「自分」に落ち度があったのは揺ぎ無い事実である。
自分が未熟なのに他人の才能に嫉妬し、自分のことは棚に上げて他人の荒ばかり探しては安心していた。
そういう「自分」を「じぶん」は何回も殺そうと思った。
だが、それはもう過去の話。
今更悔やんでも今の「じぶん」に「自分」をどうこうすることもできない。

だから「じぶん」は過去の「自分」にならないためにも、
自分が正しいと信じた今を精一杯生きようと思う。
未来の「ジブン」のためにも。
日々精進。

無題

rakugaki45.jpg

20071013235850.jpg

今日一日家に引きこもっていました。

気ままに

Harvest.jpg

rakugaki44.jpg

徒然なるままにラクガキ。
まだまだ消化不良。
日々精進。

いろいろ

RainMan.jpg

rakugaki43.jpg

rakuagaki.jpg

同じような絵柄でかき続けるとマンネリ化して飽きるし気力も減少する。
また、引き出しの数が少なくなってしまう。
同じ画材でも違う画材でも、いつもと違う描き方や捉え方をすると感性や視野が広がる。
と思う。
個人的に。

人には人のセオリーがある。
「絶対にこれで絵が上手くなる!」
なんて方法は多分滅多にないだろう。
絵を上手く描くことに対して自覚し始めの頃、どうしたら上手く描けるのかばかり考えていた。
色んなHow to本も読んだ。
でも結局「上手くなる」という漠然とした考えだけでは何も解らなかった。

では今どういう捉え方で絵を描いているのか?
実は今もなにもわからない。
ただ、「上手くなる」とはあまり意識しなくなったし、しない様にしている。
自分はそう意識してしまうほど絵を描くとき楽しくなくなるからだ。
楽しくもない絵を描いて人様に喜んでもらえる筈が無い。
仮に喜んでくれたとしても、その人の気持ちを裏切っているようであまり気分がよくない。
だったら自分が楽しく描けて、見てくれる人も喜んでくれたらそれが一番いいと思って今は描いている。

上手かろうが下手だろうが描きたい気持ちが本物なら何も疑わなくていい。
結果はそれに伴って自然と出る。
そう想って
日々精進。

ラクガキ

20071010011233.jpg

20071011002128.jpg

rakugaki41.jpg

文章を書く気力がないので、今日はイラストを3つ乗っけます。
己の未熟さに毎回辟易する。
嘆いても無意味なだけなのでひたすら描く。
「嘆く暇があったら描け」と己に言い聞かせて。
日々精進。

ガリレオ

20071008225429.jpg

今なぜか知らないけど、自分の中で東野圭吾さんの小説がブームになっている。
初めて東野圭吾さんの作品を触れたのは「変身」から。
仮面ライダーが好きなせいか「変身」という言葉に妙に惹かれる。
もちろんカフカの「変身」も読んだ。
あと、伊坂幸太郎さんの「グラスホッパー」も…。

で何気なく「変身」を読んだところ思いのほか面白かったので、
読み終えたあと「手紙」を買った。
この「手紙」という小説テーマが重いせいもあってかなり内容が暗い。
読んでるこっちも暗くなるのだが、加害者本人だけではなく
その家族までもその罪を背負って生きていくんだなと考えさせられる作品だった。
両作品共映画化されているらしいのだが、まだ観てない。

で、そんな暗い気分を変えようと今日本屋さんに行って
「探偵ガリレオ」と「予知夢」を買った。
三作目の「容疑者Xの献身」は見当たらなかったので未購入。
ドラマ化されるようだが、勤務時間と折り合いがつけられそうに無いので観れないかもしれない・・・。

個性の壁

20071007221716.jpg


自分は今まで絵が好きでただ我武者羅に描いてきた。
これからもそう。
もちろん自分より技術や才能が上な人は履いて捨てるほどいる。
だけどその想いと意思だけは絶対に負けたくないと思い
描くことはやめなかった。
続けていればいつか道は必ず開けると信じたからだ。
でも自分の絵を見たときにいつも悩んでしまう。
「自分らしさが出ているのか?」と。

イラストレーターでもデザイナーでも幾ら技術的に優れてはいても
その作品からその人しか持ち得ないものが感じられないと
勤まらないのではないかと個人的に思っている。
自分は新川洋司さんを目標に描いてきた。
しかし、自分の絵を見つめるとただの「類似品」でしかないことに
思い知らされる。
いや、「類似品ですらないそれ以下」かも知れない。

かといって今まで身につけたものをハイそうですかと
捨てるわけにもいかない。
けど、色んな人の絵をみて感じても自分には個性がないと
やっぱり思ってしまう。
ある程度の模倣はできているという自負はある。
しかしこれを「自分の絵」だというと答えはNoだし、
厚かましいにもほどがある。

一体自分はどうしたら「自分」をアピールできるのか。
技術的に進歩はしてもいつもそこで躓く。
でも立ち止まりたくはないしそんな時間もない。

「模倣から始まる」という言葉をどこかで聞いたことがあるが、
私はそれに甘えすぎているのでしょう。
いつか信じた道を胸を張って歩けるよう
日々精進。



ブログはじめました

ブログをはじめました。
ここにはできれば定期的に日常のことやラクガキをアップ
していこうと思います。
文才がないので誤字脱字が度々見受けられるとおもいますが、
どうぞよろしく御願いします。

らくがきのコメントも頂けたら激しく喜びます。
rakugaki

テーマ:落書き - ジャンル:その他

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。