Nunc Omnia Rident

日々の日常で感じたことや、自分が描いたラクガキをできれば定期的に掲載していこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野日記

去る12月25日。
上野へぶらりと行ってきました。

西郷どん
上野といえば西郷どん。
日和
天気も良く絶好の散歩日和でした。
ぬこ
ネコさんも気持ちよさそう^^

上野といえば美術館や博物館など芸術を楽める施設がたくさんあります。
というわけで国立西洋美術館と東京国立博物館に行ってまいりました。

西洋美術館では宗教画や肖像画、風景画など様々な題材の絵画がたくさん展示されていて、
私の好きなルノワールなどを間近で観られたので感動しました。
顔を思いっきり近づけてタッチなどをよく観察しようと思ったのですが、あまりわかりませんでした・・・。
モネやゴーギャンなどの印象派の絵は、私には絵の具を塗りつけたようにしか見えず、あまり得るものがありませんでした。
私には芸術を理解する感覚が足りていないのかも・・・。

考える人
とかなんとか考えながら西洋美術館をあとにし、東京国立博物館に向かいました。
博物館では美術館とは違い仏教に関する像や陶器など、歴史を感じさせる展示物が主なものでした。
中でも私が歓喜したのはなんと言っても日本刀!
備前長船や正宗など国を代表する名刀の数々が展示してあり、そのガラス越しに感じる威圧感にえもいわれぬ感動を覚えました。
日本の技巧は装飾や豪華さに頼るのではなく、単純で素朴ながら確かな美しさを素材を用いて表現するところにあるのではないかと改めて感じました。
そうして自分に酔っているうちに閉館時間を向かえ博物館を出ました。
夜景02
ライトアップされた博物館自体も美しい!
と思いながらすっかり暗くなってしまった道を駅に向かって歩いていき、先ほど行った西洋美術館の前を通ると、
夜景01
前庭がこのようにイルミネーションが施され、とても美しい光景になっていました。
やっぱりクリスマスにはこんな夜が相応しいなとふと思いました。

そんなこんなでぶらりと行った上野散策。
クリスマスをこういうふうに過ごすのもいいものだなと思いました。
結局ケーキは食べなかったけど(-_-)
スポンサーサイト

ふっかつとしゅうかつ

どうも、お久しぶりです。
放置しっぱなしで申し訳ありませんでした・・・。
結構この間に色々ありまして、只今人生の岐路に立っております。
自分が正しいと思って信じてやっても、やっぱり受け入れられない事だってあるんですね。
人間関係の難しさを痛感した日々でした。

結局正しいか間違ってるなんての差は個人によって様々だから、
その点を責めても仕方ないのかもしれません。
いくら大義名分を揃えても、それが受け入れなければどうにもならないって事なのかも。

まあ、あんまり考え込んでいても埒が明かないから早く次の行動を起こさないと。
とそんな事を微妙に考えつつ絵を描いています。
コレだけはやめるわけにはいかないから。
いくら描いても、人の絵を見るたびに「チクショーッ!!」って思う未熟な自分がいる。
ヘタクソな絵しか描けない自分だから、止まるわけにも、甘えるわけにもいかない。

別に一番絵が巧い人になりたいとかいうオコガマシイ思いは正直ないです。
どうしたら自分が描きたい絵が描けるのか?
今はそればかりを考えています。

rakugaki20081129.jpg

↑ちょっと今までには無いテイストに仕上がりました。
あんまり露骨な絵にしたくなかったので、ポーズやシチュエーションなどで雰囲気が出せればなと思いながら描きました。
イラストレーターの堀部秀郎さんのファンなので、そんな感じになればなと思ったのですが、
思い上がりにも甚だしかったですね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。