Nunc Omnia Rident

日々の日常で感じたことや、自分が描いたラクガキをできれば定期的に掲載していこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個性の壁

20071007221716.jpg


自分は今まで絵が好きでただ我武者羅に描いてきた。
これからもそう。
もちろん自分より技術や才能が上な人は履いて捨てるほどいる。
だけどその想いと意思だけは絶対に負けたくないと思い
描くことはやめなかった。
続けていればいつか道は必ず開けると信じたからだ。
でも自分の絵を見たときにいつも悩んでしまう。
「自分らしさが出ているのか?」と。

イラストレーターでもデザイナーでも幾ら技術的に優れてはいても
その作品からその人しか持ち得ないものが感じられないと
勤まらないのではないかと個人的に思っている。
自分は新川洋司さんを目標に描いてきた。
しかし、自分の絵を見つめるとただの「類似品」でしかないことに
思い知らされる。
いや、「類似品ですらないそれ以下」かも知れない。

かといって今まで身につけたものをハイそうですかと
捨てるわけにもいかない。
けど、色んな人の絵をみて感じても自分には個性がないと
やっぱり思ってしまう。
ある程度の模倣はできているという自負はある。
しかしこれを「自分の絵」だというと答えはNoだし、
厚かましいにもほどがある。

一体自分はどうしたら「自分」をアピールできるのか。
技術的に進歩はしてもいつもそこで躓く。
でも立ち止まりたくはないしそんな時間もない。

「模倣から始まる」という言葉をどこかで聞いたことがあるが、
私はそれに甘えすぎているのでしょう。
いつか信じた道を胸を張って歩けるよう
日々精進。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oraetlabora.blog118.fc2.com/tb.php/2-58d5b80b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。