Nunc Omnia Rident

日々の日常で感じたことや、自分が描いたラクガキをできれば定期的に掲載していこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリレオ

20071008225429.jpg

今なぜか知らないけど、自分の中で東野圭吾さんの小説がブームになっている。
初めて東野圭吾さんの作品を触れたのは「変身」から。
仮面ライダーが好きなせいか「変身」という言葉に妙に惹かれる。
もちろんカフカの「変身」も読んだ。
あと、伊坂幸太郎さんの「グラスホッパー」も…。

で何気なく「変身」を読んだところ思いのほか面白かったので、
読み終えたあと「手紙」を買った。
この「手紙」という小説テーマが重いせいもあってかなり内容が暗い。
読んでるこっちも暗くなるのだが、加害者本人だけではなく
その家族までもその罪を背負って生きていくんだなと考えさせられる作品だった。
両作品共映画化されているらしいのだが、まだ観てない。

で、そんな暗い気分を変えようと今日本屋さんに行って
「探偵ガリレオ」と「予知夢」を買った。
三作目の「容疑者Xの献身」は見当たらなかったので未購入。
ドラマ化されるようだが、勤務時間と折り合いがつけられそうに無いので観れないかもしれない・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oraetlabora.blog118.fc2.com/tb.php/3-a857c6c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。