Nunc Omnia Rident

日々の日常で感じたことや、自分が描いたラクガキをできれば定期的に掲載していこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ

RainMan.jpg

rakugaki43.jpg

rakuagaki.jpg

同じような絵柄でかき続けるとマンネリ化して飽きるし気力も減少する。
また、引き出しの数が少なくなってしまう。
同じ画材でも違う画材でも、いつもと違う描き方や捉え方をすると感性や視野が広がる。
と思う。
個人的に。

人には人のセオリーがある。
「絶対にこれで絵が上手くなる!」
なんて方法は多分滅多にないだろう。
絵を上手く描くことに対して自覚し始めの頃、どうしたら上手く描けるのかばかり考えていた。
色んなHow to本も読んだ。
でも結局「上手くなる」という漠然とした考えだけでは何も解らなかった。

では今どういう捉え方で絵を描いているのか?
実は今もなにもわからない。
ただ、「上手くなる」とはあまり意識しなくなったし、しない様にしている。
自分はそう意識してしまうほど絵を描くとき楽しくなくなるからだ。
楽しくもない絵を描いて人様に喜んでもらえる筈が無い。
仮に喜んでくれたとしても、その人の気持ちを裏切っているようであまり気分がよくない。
だったら自分が楽しく描けて、見てくれる人も喜んでくれたらそれが一番いいと思って今は描いている。

上手かろうが下手だろうが描きたい気持ちが本物なら何も疑わなくていい。
結果はそれに伴って自然と出る。
そう想って
日々精進。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oraetlabora.blog118.fc2.com/tb.php/5-0a4c4684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。