Nunc Omnia Rident

日々の日常で感じたことや、自分が描いたラクガキをできれば定期的に掲載していこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分とジブン

20071015023100.jpg

20071015023244.jpg

20071015023441.jpg


Fate-Stay Night-から士郎とアーチャーです。
なぜこの二人を描いたのかというと、純粋にエミヤさん好きであるのと二人の関係に感慨深いものがあったからです。

夢を追い続けその果てに至った者と
今なお夢を追い続ける者。

前者は己の夢に絶望し、
後者は己の夢に希望を持つ。
その先は同じなれど両者が抱く思いは正反対。
絶望した者は過去に過ちがあったとかつての「自分」を責め、
希望を持つ者はそれは間違っていなかったのだと夢の体現者である「ジブン」に訴えかける。
心身ともに磨耗し、かつての想いを忘れた騎士にかつての少年は言う。
「自分が正しいと信じた事ならそれはきっと間違いなんかじゃない。」

では果たして私自信はどうなのか。
過去の「自分」を責め、今の「じぶん」の現状を正当化しようとしていないだろうか。
確かに過去の「自分」に落ち度があったのは揺ぎ無い事実である。
自分が未熟なのに他人の才能に嫉妬し、自分のことは棚に上げて他人の荒ばかり探しては安心していた。
そういう「自分」を「じぶん」は何回も殺そうと思った。
だが、それはもう過去の話。
今更悔やんでも今の「じぶん」に「自分」をどうこうすることもできない。

だから「じぶん」は過去の「自分」にならないためにも、
自分が正しいと信じた今を精一杯生きようと思う。
未来の「ジブン」のためにも。
日々精進。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oraetlabora.blog118.fc2.com/tb.php/8-34eb21d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。