Nunc Omnia Rident

日々の日常で感じたことや、自分が描いたラクガキをできれば定期的に掲載していこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅茶日和

Tea_27.jpg

土曜日は紅茶。
天気はどんより。
なのですっきりした気分になる紅茶ということでウバ茶を頂きました。
キリッとした口当たりと清々しい後口。
ウバ独特のメンソール風味が気分と心を落ち着かせてくれました。
気分にあった紅茶を淹れてくれるお店に感謝。

ガタンゴトン

朝の電車に揺られながら今日も絵を描いています。
始発なのでとても快適です。
眠いけど(-_-)Zzz

raku_01.jpg
raku_02.jpg
raku_03.jpg

茶をしばく

SN370009 (1)
というのは関西弁で「お茶しにいこう」という意味で使われます。
私はあまり使いませんが、関西圏ではこう表現します。
週末ということで久しぶりに紅茶のお店に行ってきました。
紅茶といっても色々品種がありそれぞれ香りや渋みが違ったりするのでどれを飲もうか何時も悩みます。
なので大体「おまかせで」と注文します。私自身あまり詳しくないというのもありますが。
今日(正確には昨日)はとても寒かったので体があったまるお茶が飲みたいなと店主に相談したところ、
上のジンジャーミルクティーを淹れて頂きました。
ミルクの甘味と紅茶の香り、そして生姜の風味が体をポカポカにしてくれました。
紅茶はやっぱり素敵だなと思った今日この頃です。

Past,Now,Future

Flower_b.jpg
過去の自分の絵を見返すと雑だったけどその分勢いというか躍動感みたいなものがあったかなと感じました。
それを踏まえたうえで今の絵を見ると綺麗に描こうとしてるぶん纏まり過ぎているかなと感じます。
現在進行形の自分は過去の反省点を何とか克服しようともがいている姿です。
しかし時としてそれと同時に過去の持ち味がだんだんと薄れていっているような喪失感がします。
そのバランスとか整合性とかの帳尻会わせが中々難しいです。
過去、現在、未来の自分が互いに手と手を取り合う日が来たらいいなと感じながら今日も絵を描いています。

My Ac

ivory glow_j
自分の機体をそれっぽくデコレーションしてみました。
機体を構築するときその搭乗者がどんな性格でバックグラウンドを持っているのかということを度々妄想してしまいます。
後で思い返すと悶え苦しむほど恥ずかしくなるのですが・・・仕方ないね。
SSとか書ければ良いけど過去のブログの記事を見ても自分の文才のなさを感じるので無理っぽい・・・orz
ACwikiで連載している方は本当凄いと思います。

以下反転で詳細設定(フロム脳全開の中二設定なので閲覧注意!!)
機体名:アイボリー・グロウ(Ivory Glow)
搭乗者:ガブリエル
性別:男
年齢:十代後半

数十年前のアナトリア失陥時に両親を失った戦災孤児。
その後フィオナ達と共にラインアークに移り住む。
当初は戦闘要員ではなかったが※ひょんなことから高いAMS適正を持っている事が発覚する。
新生ホワイトグリントを設計するために構築されたテスト機体に搭乗し
独立傭兵として数々の依頼をこなす一方、報酬と戦闘データを機体開発のために提供する。
登録名がガブリエルという名前だけなのはまだ彼が幼かった当時
両親が最期に呼んだ自分の名前以外の記憶をショックで失ったことに起因する。
自分の名前以外の全てを失った彼は心に深い傷跡を残したまま戦い続ける。

※健康診断時の身体検査のときに発覚。一時は騒然となった。

実は彼はアスピナ機関によるデザイナーベビーである。
AMS適正が高いのはそのため。
ジョシュアのデータをもとに遺伝子操作させたものの思うような結果が得られず、
廃棄処分とされるところを同機関の研究員であった両親に引き取られる。


機体構成のコンセプトは「旧WG→新WG」の過程で生み出されるであろう中間機体。
フレームは旧WGの構成パーツを同企業の新規パーツに、武装を新WGが装備するBFF製アサルトライフル、
旧WGが装備していたレーザーキャノンを外し新WGのような瞬間火力を実現させるために
ローゼンのチェインガンに換装。ブレードを実弾兵器が効き安いようによりPA減衰が高い
インテリオルのもの変更(形が新WGの頭部パーツに形状が似てたというのも理由の一つ。刀身の色もカメラアイの色と似てるし)
内装はジェネが魂を引き継ぐという意味で同じものを使用し
MBがライール、BBがアルゼブラの赤いヤツ、SBが同じくライール、OBが新WGが装備するAAより弱めのライール。
スタビは頭部がレイレナの小角(新WG用の代わり)、頭横を旧WGと同じもの。
コア下部にオメールの小羽(新WGの羽を再現するため。小さく片方しかないのは彼の未熟さを表現するため。)
機体名はホワイト(純白)より濁った色のアイボリー(象牙色)と
グリント(一瞬の煌き)の儚さと対照的なグロウ(燃えるように輝く)と
高潔で繊細だった旧WGよりも血気盛んで未熟な様をイメージさせるような名称にしました。

戦い方はアサルトライフルとチェインガンでバリバリと相手のPAを剥がしながら牽制しつつ
2段QBで一気に距離を詰めブレードで駄目押しをする。(FCSをライールにしているので射撃と斬撃を両立させられる)
クリーンヒットしなくても大体射撃と斬撃でPAが剥がれている状態なので
Xトリガーで畳み掛けるか、ブレホを利用してAAをしかけるかで追い討ちをかけられる。
ただ防御面に問題を抱えており一発一発の攻撃が重く響くので、常に高速で動くことが求められる。
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。